【悪魔と天使】市原悦子のナレーション代役は誰になるの?声の出演で話題に

2019年1月13日に悲しいニュースが日本中に走りました。

なんでも【家政婦は見た】で名演技をしていた市原悦子さんが1月12日にという内容でしたね。

ご冥福をお祈り申し上げます。

ネットでも今回のニュースには驚きと悲しみの声が多く上がっていますし、あの名演技やナレーションがテレビから消えるのは信じられません。

 

さて、今回の記事では、手塚治虫先生の【ダスト8】が原作の舞台である”悪魔と天使”でナレーションを務めることになっていた市原悦子さんの代役が誰になるのか?について紹介をしていきます。

それでは早速確認をしていきましょう。

スポンサーリンク

【悪魔と天使】市原悦子さんのナレーション代役は誰になるの?声の出演で話題に

市原悦子さんは、2018年12月から体調不良を訴えていたようで、検査を受けた結果、盲腸だったようです。

しかし、盲腸に関しては順調に復帰していたようで、2018年12月21日に仕事にも復帰していたんだとか。

 

そして、この他にもお仕事としては、観月ありささんが主演を務める【悪魔と天使】のナレーションを担当することになっていました。

ちなみに、この【悪魔と天使】は、2019年1月から3月まで、神奈川、大阪、愛知県で上映予定となっていました。

そのため、ネットでは誰がナレーションの代役になるのか?ということが話題になっています。

ということで今回代役について調査をしていきました。

まず、【悪魔と天使】の公式HPを確認していきましょう。

すると、現在代役を検討中という状態になっていました。

こちらに関しては、情報が判明次第、追記をしていきます。

スポンサーリンク

ネットの反応を確認

それでは、ここからネットの反応を確認していきましょう。

といった感じの声が多く見られました。

やはり、慣れ親しんだ声ということもありますし、みなさんの思い出に深く根付いているのかもしれませんね。

ボクも”家政婦は見た”を見たことがあるのですが、とても演技力があり、印象的でしたよね。

最後に

今回の記事では2019年1月13日に日本中に衝撃が走った市原悦子さんについて紹介をしていきました。

本当に日本が誇る人でしたので、非常に悲しいですし、今後声が聞けなくなると考えると、残念で仕方がありません。

また、悪魔と天使のナレーションに関してましては、代役が決まり次第、この記事に追記をしていきます。

もう少々お待ちくださいm(__)m

ご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

周りに人がいないか注意!

→夜に一人で遊びたい無料アプリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です