竹田恒和会長が贈収賄疑惑に!ゴーン逮捕への報復措置が理由だと話題

2019年1月11日に衝撃的なニュースが飛び込んできました( ゚Д゚)

なんと2020年の東京オリンピック招致に尽力した本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長がわいろ贈収賄疑惑でフランスから疑いをかけられました。

フランスと考えると、今日本でも話題になっているのがカルロスゴーン元会長の汚職問題です。

そういったこともあり、ネットではカルロスゴーンへの報復措置として竹田恒和会長が狙われたのでは?という声が多く上がっています。

今回の記事では竹田恒和会長が容疑をかけられた理由について、カルロスゴーンと合わせつつ、確認をしていきましょう。

スポンサーリンク

竹田恒和会長に関する今回の報道をまとめて紹介

それでは、まず最初に竹田恒和会長について、報道されている内容を確認していきましょう。

なんでも竹田恒和会長はフランスで刑事訴訟の手続きが行われているようです。

ニュースを報じたNHKによると、竹田恒和会長は東京オリンピック招致のために、200万ユーロを支払った疑いがあるんだとか( ゚Д゚)

ちなみに日本円に直すと2億5千万円になります。

竹田恒和会長が贈収賄疑惑に!ゴーン逮捕への報復措置が理由だと話題

東京オリンピックまで1年となった今、なぜこのタイミングでフランスが竹田恒和会長が容疑をかけられるのか?

もちろん偶然発覚した可能性もありますが、そう簡単なものでもないでしょう。

 

やはり今日本でも話題になっているカルロスゴーン逮捕への報復措置だと考えるのが自然な流れです。

ルノーはフランスの会社ですしね。

スポンサーリンク

ネットの反応を紹介

それでは、ここから今回の竹田恒和会長の件に関する反応を確認していきましょう。

やはり時期的なものもあり、ネットでも多くの方がカルロスゴーンの名前を挙げていましたね。

 

真相に関しては不明ですが、今後日本政府としてもコメントをするのか?に注目をしていきましょう。

また情報が判明しましたら、追記をしていきます。

もう少々お待ちください。

最後に

今回の記事では日本オリンピック委員会の竹田恒和会長がフランスから容疑をかけられている事に関して、理由を迫っていきました。

やはり時期的なものを考えると、カルロスゴーンが絡んでいても不思議ではないでしょう。

また、今後この日産とルノーに関することで、似たようなことが起こる可能性も否定はできません。

今後竹田恒和会長がどういったコメントをされるのかは注目ですし、政府としてどうするのか?も考えていく必要がある問題でしょう。

スポンサーリンク

周りに人がいないか注意!

→夜に一人で遊びたい無料アプリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です