【東洋大学】箱根駅伝出場の3年生選手は誰?名前や顔画像!X君が文春で告白

2018年10月11日に発売される【週刊文春】で、またもや”いじめ”の被害が出ていたという事実が報道されました。。。

なんでも今回の舞台は駅伝の強豪校として知られている”東洋大学”なんだとか。

今回いじめを受けた学生は2018年4月に入学した期待の選手だったようですが、今後の明るい未来が壊されたと考えると悲しくてなりませんね。。。

 

さて本記事では週刊文春でX君が告白した3年生の箱根駅伝の選手が誰なのか?について紹介をしていきます!!

それでは早速確認をしていきましょう(*^-^*)

スポンサーリンク

X君が文春で告白した内容とは?

それでは、簡単に今回の告白内容をおさらいしていきましょう!!

なんでも今回被害にあったのは18歳の1年生であるX君。

中学では3000mで全国トップクラスの実力を樹立していたようで、高校でも大活躍をされていたんだとか。

 

そのため、大学も特待生として入学をしており今後東洋大学の駅伝を引っ張っていく存在になっていく予定だったのですが・・・

 

残念なことにX君は入部直後からいじめという”指導”がスタートしていたんだとか。。。

ちなみに内容は以下の通りです。

 

「毎晩、1年生は寮の掃除などの仕事をこなさないといけないのですが、僕はトイレや風呂場などの掃除について注意されることが多かった。4月には3年生で箱根駅伝にも出場していた先輩から怒られた際に、足を蹴られました」

 7月以降、上級生からの指導はますますエスカレート。そして9月、新潟の山古志で行われた合宿で2年の選手から“指導”を受け、X君の我慢は限界に達した。

「練習器具を忘れたことを咎められた際、『マジで〇ねよ』と首を絞められた。さすがに酷いと思って、母親に『もう辞める』とLINEで連絡しました」(同前)

という状況が続き、我慢ができずに今回の事態になったんだとか。

 

もしかしたら、X君が今度自分の出場枠を脅かしかねない存在だったから・・・ということも考えられますね。

本当に若い才能がつぶされたとなると、何とも言えない気持ちになりますね。。。

スポンサーリンク

【東洋大学】箱根駅伝出場の3年生選手は誰?名前や顔画像!

それでは早速、今回の内容に出てきた箱根駅伝に出場した3年生が誰なのか?について考えていきましょう!!

 

ということで最初に2018年に箱根駅伝に出場した2年生をまとめて見てみましょう!!

・相澤 晃選手(2区)

・今西 駿介選手(6区)

・渡邉 奏太選手(7区)

以上の3名の選手が駅伝に出場したことがあるということになります。

 

ちなみに2017年に出場をした1年生は一人もいなかったので、

この3名の中の誰かがX君をいじめていた人物となりますね。

 

こちらに関しては、大学側から処分が下るでしょう。

その結果3人の中で退部、もしくは大会に出場をしなくなった人物がイジメをしていた選手となるのではないでしょうか。

 

このほかにも情報が判明次第、追記をしていきますね!!

告白したX君は誰なの?

それでは続いてX君が誰なのか?について考えていきましょう!!

2018年に東洋大学に入学をした選手の一覧は以下の通りです。

  • 蝦夷森章太 愛知高校 
  • 橋本  龍     東農大三 
  • 石川龍之介 那須拓陽 
  • 緒方健太    柳川高校 
  • 松島彰吾    浜松日体 
  • 鈴木宗孝    氷取沢高 
  • 藤城裕大    浜松商高 
  • 宮下隼人    富士河口 
  • 越塚遥人    桐生工業 
  • 山本瑛平    宮津高校 
  • 八重樫尚輝 専大北上 
  • 清水寛大    米子松陰 

この中の誰かが告白をしたようですね。

中学の時の3000mで名前が挙がっていれば、確定でしょう。

最後に

今回の記事では2018年10月11日に発売された週刊文春でいじめをしていた東洋大学の選手が誰なのか?についてご紹介をしていきました。

それにしても最近のニュースはスポーツ界のイジメなどが多く報道されていますね。。。

2020年にはオリンピックもあることですし、今の状況をまずは直視して問題を解決していっていただきたいところですね。

スポンサーリンク

周りに人がいないか注意!

→夜に一人で遊びたい無料アプリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です