久保木愛弓の顔画像が発覚!余罪も多数でサイコパスだと話題に!

横浜市内の大口病院で、2016年9月に事件が起きてから、約2年の月日が経ちました。

事件当初も犯行の手口から、病院関係者だと言われており、闇が深いと言われていましたよね。

犯行としては、点滴の中に界面活性剤を入れて…というものでしたが、、、

 

そして、2018年7月7日に警察は犯人として、久保木愛弓容疑者を逮捕してネットが話題になっています。

なんでも、久保木愛弓容疑者は20名以上を手に掛けたと自供をしているようで、まだまだ事件が収まることはないでしょう。

今回の記事では、久保木愛弓容疑者の顔画像を交えつつ、ご紹介をしていきます!!

スポンサードリンク

久保木愛弓容疑者の顔画像が発覚!プロフィールも

それでは早速久保木愛弓容疑者について、顔画像を交えつつご紹介していきます。

名  前:久保木愛弓(くぼきあゆみ)容疑者

年  齢:31歳(2018年7月現在)

住所:横浜市鶴見区上末吉5丁目

職業:看護師(2016年9月当時、大口病院(現・横浜はじめ病院)に勤務)

久保木愛弓容疑者は、2017年9月に産経新聞のインタビューに答えていた事が発覚しています。

やはりその当時から犯人だと疑われていたのですが、否定をしており、生活するのが苦しいと発言をされていました。

「発覚してからショックを受け続けている。一部のマスコミから私が犯人じゃないかという情報が流れた。その理由が、私が『変わり者』ということらしく、他人の飲み物を飲んじゃったり、なんだかんだと言われたりしている。そんなことはやっていないのに、誰がそんなことを言ったんだろうと思っている。患者さんが病院で殺されてしまうということ自体がショックで悲しかった。それに加えて、私が犯人じゃないかと疑われて…。みんなが自分をそういう目で見ていたのかなと思うとすごくショックだ」
出典:産経新聞

Q、事件から1年後の現在の暮らしは?

「仕事はまだしていない。一度、看護師として再就職したが、結局いろいろあって続かなかった。一度看護師から離れようと思って、別の職種で仕事を探している。ただ、なかなか見つからない」

Q、『容疑者』と疑われ続けていることに対して、

「精神的につらくて、一応、薬を飲んでいるが、良くならない」

Q、在職は1年程度だったとか?

 「2年前(平成27年)のゴールデンウイークごろに就職した。事件以降、家の周りをマスコミが包囲してしまって、外に出られない感じだったので、お休みをいただいて、(28年)11月に退職した。「全員解雇」の前に辞めたのでその時の状況は分からない」

といった感じで、久保木愛弓容疑者は自分は関わっておらず、辛い思いをしている事を告白していました。

スポンサードリンク

久保木愛弓容疑者には余罪も多数で20以上!サイコパスだと話題に!

久保木愛弓容疑者は、警察の取り調べに対して、『20人以上に界面活性剤を加えて、同じことをした』と自供をしています。

そうなったとすれば、戦後最悪の事件となる自体になりますね。。。

やはり、大口病院では事件が発覚した2ヶ月間の間に50名以上が…という異常な自体だった事から、20名では済まない話になるのではないでしょうか。

 

こちらに関しては余罪が、まだまだ沢山あるでしょうね。。。

ちなみに、この他にもこんな事があったみたいです。

■6月、カルテが紛失
■8月には看護師のペットボトルに異物が混入
■2016年7月〜9月までに入院していた患者の約50人が立て続けに死亡

 

そんな事もあって、ネットでは久保木愛弓容疑者が【サイコパスなのでは?】と言われています。

これだけの事をする理由も現在判明はしていませんが、20名以上となると精神的におかしいと考えるのが自然ですよね^^;

『この事件のせいで、病院に勤務している医師や看護士は全員解雇された。
警察から加害者扱いされて取り調べをされた。
あの人はあの病院に勤めているからもしかしたら…、という近隣の風評被害も受けただろう。
それらは罪として問われないだろうけど……』

ちなみに、20人以上という報道はTBSがしたもののようですね。(リンク

ただ、立証をするのは難しい状況でしょう。。。

最後に

今回の記事では、久保木愛弓容疑者について顔画像を交えつつ、ご紹介をしていきました。

本当であれば、恐ろしいことこの上なしですね。。

とにかく犯人が捕まってよかったですが、早く事件の真相を明らかにしていっていただきたいです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です