DJ社長が高校生の時に所属したカラーギャングはどこ?意味や画像

2018年4月5日にある一本の動画がYouTube上に公開されてバズった動画を公開した『レペゼン地球』のDJ社長。

その動画のタイトルは『好きなことで、生きていく』という事で過去の自分を振り返りつつ語っている動画が

公開されて4月11日現在で300万回再生をされているみたいですね!!

ちなみにこの『好きなことで、生きていく』は人気のYouTuberであれば動画を作成している感じですが…

かなり異常な数字であることがわかります(ヒカキンさんは278万回再生)

そしてそんな話題の動画の中でDJ社長が高校生の時にカラーギャングに所属していた事を告白されましたが…

今回の記事ではそのカラーギャングがどこで意味は何なのかも含めてご紹介をしていきます(*^^*)

スポンサードリンク

DJ社長のプロフィール

それではまず最初にDJ社長について簡単にプロフィールを確認していきましょう(*^^*)

本  名:木元 駿之介(きもと しゅんのすけ)

生年月日:1992年8月29日(年齢:24歳)

出  身  地:福岡県博多天神

DJ社長は現在DJ集団の『レペゼン地球』を束ねる代表として活躍をされている敏腕社長です。

動画ではあれだけ馬鹿げた事を全力でされていますが…たまに動画でご自身の意見を言われていますよね。

そんな雰囲気を見ているとカリスマ性も感じれたりと、かなり営業は上手いのだろうなと(*^^*)

 

ちなみにDJ社長は韓国と日本のハーフとの事ですね。

この他にも動画内ではかなりモテモテのエピソードを告白されたりと

今後増々忙しくなるのではないでしょうか笑

DJ社長が高校生の時に所属したカラーギャングはどこ?意味や画像

それではここからDJ社長が高校生の時のエピソードを交えつつご紹介をしていきましょう(*^^*)

なんでもDJ社長は中学生の頃からヤンチャをしていたようで

自宅には帰らずに友達と遊びまわる日々を過ごしていたんだとか笑

ちなみにこんな感じだったようですよΣ(・∀・;)

これ本当に中学生なのか…と疑いたくなる気持ちは一旦置いておきましょうww

スポンサードリンク

ただそんな日々を過ごしていたDJ社長のお母さんは

『高校だけはちゃんとした所に行ってほしい』という言葉に改心?をしたみたいで

きちんと勉強をして進学校に入学しました。

ちなみにその高校は『西陵高等学校』といって偏差値は57との事でした。

そう考えるとDJ社長ってかなり頭が良い人なのでしょう。

そして高校に進学したようですが、

最終的には1留して4年かけて高校を卒業されました。

その際にDJ社長が『高校に通いながらカラーギャングに所属していた』と

コメントされていましたね。

 

ちなみにこのカラーギャングとは以下の意味のようです。

アメリカのストリートギャングを模倣した日本の不良行為少年達の集団のことを言う。名前の由来はこれらのギャングと同様にチームカラーを身につけることからで、同じくストリートギャングを模倣したチーマーと呼ばれる非行集団から派生した集団と言われていることが多い。

なるほど…

要はヤンキー集団の事を言っているんですね。

ちなみにその当時の画像を見てみると、確かに赤色に纏まっているのでチームカラーは”赤”といった所でしょうか。

 

 

さて続いてはDJ社長が所属していた『カラーギャング』がどこなのかについてご紹介をしていきましょう。

どうやら調べてみると福岡県に『もうはやらん』というチームカラーが赤色の集団を発見しました。

ただ2017年11月に解散をされたみたいですが…もしかしたらDJ社長も過去にここに所属していたのかもしれませんね。

まとめ

今回の記事では『レペゼン地球』の代表を務めるDJ社長についてご紹介をしていきました(*^^*)

また他の記事でもDJ社長についてご紹介をしていますので是非ご覧ください。

【参考記事】DJ社長は借金6000万円で家を退去の過去!現在の年収はいくら?

【参考記事】DJ社長の穴兄弟の韓国のグループのメンバーは誰?経験人数も【画像】

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です