豆苗の茎や葉っぱが紫や赤色に!食べても大丈夫?理由は育て方で原因はなぜ

2017年の後半にかけて豆苗のブームがきた事でスーパーでもよく見かける事がありますよね(*^^*)

2017年は冬野菜(特に葉物の野菜)の値段が高騰した事によって家計を圧迫していたのもブームに火を付けたきっかけかもしれません。

さてそんな豆苗ですが、実は自宅栽培が可能という事でトレーに水を付けておけば育ってもう一度美味しくいただけるという事でしたが

実際に育てた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

僕も豆苗を購入して実際に自宅で育ててみたのですが…育て方に問題や原因があったのか

豆苗の一部分が紫色のような…赤色のような状態になってしまいましたΣ(・∀・;)

そこで今回の記事では豆苗を自宅栽培した時に葉っぱや茎の一部が変色する理由についてや

この色が変化した豆苗を食べても大丈夫なのかについてご紹介をしていきます。

スポンサードリンク

私が育てた豆苗はこちらです!!

さてそれでは今回のお悩みに行く前に…実際に私が育てた豆苗をご覧ください笑

どうでしょうか?

なんか食べても大丈夫なのか不安になりませんか?

やはりめんどくさがり屋な自分には無理だったのか…と思いましたが

特に水換えをサボった訳ではなかったので凄く不思議でした。

それでは続いての章でこの原因についてご紹介をしていきます。

豆苗の茎や葉っぱが紫や赤色に!理由は育て方で原因はなぜ

さてそれではここから豆苗が紫や赤色に変色した理由をご紹介していきます。

タイトルを見てわかるように実は私の栽培方法が悪かったため変色をしていたとの事でした。

 

僕も凄く不思議だったのですが調べても調べても情報が出てこなかったので焦りましたww

という事で今回は実際に豆苗を販売されている『むらかみ農園』さんのお客様サポートに電話をして原因を探ってみました。

『もしもしー豆苗を自宅栽培しているんですが…一部で茎や葉っぱが紫のような赤いのような変色が起こりまして…』

むらかみ農園さん

『ちなみにお客様が豆苗を育てている環境を伺ってもよろしいでしょうか?』

『日光がよく当たるように外で栽培をしています!!』

むらかみ農園さん

『実はですねー豆苗は育てる環境が寒くなるとストレスがかかり紫色のように変色をするんです。』

豆苗は緑色をしていますが、実は元々の色は紫色なんですよ。』

『あと外で栽培をすると虫がたかるので自宅の中での栽培をおすすめしております。』

『あーそうなんですね。』

さてここまでが原因となります。

豆苗は元々は色が緑色ではないという事ですが、多分イメージとしては紅葉がわかりやすいのかなと思いました。

こちらをご参考にしてみてください。

たとえば、モミジは、秋に気温が下がりだすと、葉を落とすために、葉に送っていた水などを水などを止めてしまうんだ。そうすると、葉のなかで栄養を作っていた緑色の葉緑素というものがこわれて、それまで見(み)えなかった黄色(きいろ)い「カロチノイド」というものが 葉の表面にでてくるんだ。これがイチョウなどが黄色くなる「黄葉」なんだ。

また葉っぱを落とす理由は光合成する時のエネルギーよりも葉を持たせるエネルギーのほうが重たくなるからといわれています。

さてここまでが豆苗の茎や葉っぱが変色する理由でした!!

僕はこれに懲りて今後自宅で育てる事にしました笑

スポンサードリンク

変色した豆苗は食べても大丈夫なの?

さてそれではここからこの変色した豆苗を食べても大丈夫なのかについてご紹介をしていきます(*^^*)

やはり少し口にするのは怖いですよね^^;

こちらに関してもむらかみ農園さんに教えていただきました!!

『この変色した豆苗って口にすることって出来るんですか?』

むらかみ農園さん

『お召し上がりになることは大丈夫ですよ!』

『ただ少し不安という事があればその部分だげ取り除いていただいてお召し上がりいただくのが1番かなと思います。』

『むらかみ農園さんありがとうございました!!』

という事で変色した豆苗は食べても大丈夫のようですね!!

試しにボクは食べてみましたが、味に変化もなく、大丈夫でした。

まとめ

今回の記事では紫や赤色に変色した豆苗を食べることが出来るのか、またその理由がなになのかについてご紹介をしていきました。

これから日が長くなってきますし豆苗も育てやすい環境になります。

みなさんも是非豆苗を育てて食生活に栽培した豆苗をいれてみるのは如何でしょうか?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です