濱田祐太郎は盲目による同情票が理由でR-1優勝したとネットで話題

2018年3月6日に『R-1グランプリ2018』の決勝が開催されましたね(*^^*)

実際に生でテレビを見ていた方が多かったのではないでしょうか?

そして今回優勝に決まったのが全盲のお笑い芸人である濱田祐太郎(はまだゆうたろう)さんです!!

本当にネタのクオリティも高くて面白かったとの声もある一方で…ネットではある疑惑が叫ばれているようです。

なんでも今回R-1で優勝した濱田祐太郎さんが審査員の同情票で優勝したのではないか?と言われているみたいです。

今回の記事ではネットでの声をご紹介していきつつ濱田祐太郎さんに対する世間の反応を確認していきましょう。

スポンサードリンク

濱田祐太郎さんのプロフィール

それではまず最初にR-1グランプリで見事優勝を果たした濱田祐太郎さんについてプロフィールを簡単に確認していきましょう。

名  前:濱田祐太郎(はまだ ゆうたろう)

生年月日:1989年9月8日(年齢:28歳) 

出  身  地:兵庫県神戸市

濱田祐太郎さんは先天性緑内障のために左目はまったく見えず、右目は明暗のみ判別できる状態のようです。 

お笑い芸人の経歴については、2012年に吉本総合芸能学院(NSC)に第35期生として入学しています。

ちなみに同期には同じくR-1グランプリの決勝に進んだゆりやんレトリィバァがいるとの事でした。 

そして2013年の4月にピン芸人としてデビューしてご自身の体験をもとにした「盲学校あるある」をネタにしてどんどん人気芸人の仲間入りを果たしました。

スポンサードリンク

濱田祐太郎さんは盲目による同情票が理由でR-1優勝したとネットで話題

それでは早速濱田祐太郎さんに対してのネットの声を少しご紹介していきます。

 

その一方で濱田さんを擁護する声も多く見られました。

個人的な意見としては単純に面白かったので同情票ではないと思います。

やはり権威あるグランプリですしこれで人生が変わってくる事に関して同情したから票を入れようという気持ちに審査員の方はならないのではないでしょうか。

またお笑いって人によって笑いのツボは違いますし全員にウケるネタはないですから濱田さんが同情票だったという声が生まれるのも致し方ない事なのかもなとも感じました。

まとめ

今回の記事では2018年3月6日に開催された『R-1グランプリ』で見事優勝を果たした濱田祐太郎さんについてご紹介をしていきました。

個人的には濱田祐太郎さんのネタは面白かったのですが、やはり感情というのは人それぞれ違うものなのは当然なので同情票といった声が生まれてくるのも当然の事でしょう。

またこの他の記事では紺野ブルマさんについてもご紹介をしていますので是非ご覧ください

【参考記事】紺野ぶるまを口説いた若手俳優や野球選手って誰で彼氏はいる?【画像】

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です