【vs嵐】find the answerの歌詞の意味や解釈は?

2018年2月15日にフジテレビ系列で放送される『VS嵐』でなんと今話題のあの曲をテレビで初披露するようですね(*^^*)

どうやら2018年1月期の冬ドラマ『99.9刑事専門弁護士Ⅱ』の主題歌である嵐の『find the answer』がお披露目されるようです。

これまでもドラマでは聞いた事はありますが、嵐が歌っている姿を見るのも格別なので必ずテレビで見たいですよね。

また今回の記事では『find the answer』の歌詞の意味や解釈を交えつつ確認していきましょう!!

スポンサードリンク

『find the answer』のCDの発売日が気になる!!

それではまず始めに『find the answer 』のCDの発売日やカップリングについて確認をしていきましょう。

発売日:2018年2月21日

収録曲:find the answer(99.9)・白が舞う(平昌五輪のテーマソング)・残り二曲

どうやら通常盤(CD)と初回限定盤(CD+DVD)の2つが発売されるようですね。

そのためファンとしては2つともゲットしておきたいです(*^^*)

まずは通常版ですが、松本潤さんがセンターでかなり良い感じのジャケ写ですね!!

 

続いてDVDが付いている方についてですが、こちらも毎回同様初回限定盤なので必ず手に入れたい所ですね。

 

発売日まであと少しですが早くフルでも聞きたいですし、もしかするとVS嵐ではフルなのかもしれません。

これはファン必見です(*^^*)

【vs嵐】find the answerの歌詞の意味や解釈は?

それでは続いて『find the answer』の歌詞の意味や解釈について考えていきましょう!!

まずはタイトルである『find the answer』の意味について確認をしていきます。

こちらに関しては『答えを見つける』ですね。

やはりこの99.9の内容をリスペクトしたタイトルになっているのだと思います。

 

さて歌詞の意味や解釈に移っていきましょう!!

まずは『find the answer』の歌詞を確認していきましょう。

ちなみに動画ベースで『find the answer』の歌詞を確認したい方は下記からどうぞ(*^^*)

やはり歌詞の中身もタイトル同様ドラマの内容をリスペクトした感じで素晴らしいですよね。

 

スポンサードリンク

まず最初の『風がこの心を~ 』の部分については今回の『99.9』の内容が松本潤さんが演じる深山が26年前の事件から挫けることなく成長をしてきた過程の中で考えてきた事をそのまま歌詞で表したのだと思われます。

やはり自分の尊敬していたお父さんが捕まってしまったら流石の深山でも挫けてしまいそうになった事もあったでしょう。

ただそれでも深山はその事で人生を諦めるのではなく、力強く生きて自分の父の冤罪を自ら晴らすために弁護士となります。

自分が弁護士になって真相を明かすという事はもしかすると自分の信じていた父が本当に有罪である事も直視しないといけませんが、それでも深山は一体真相が何だったのかに怖気づくことなく立ち向かっていっています。

そんな深山の姿はこの部分の歌詞そのものですよね(*^^*)

 

続いて『たとえ僅かな…』の部分です。

こちらは26年前の事件は勿論の事ですが、この99.9は残りの0.01%の可能性にかけて調べて真実を明らかにしていくという事なのでドラマの内容を表しているのだと思われます。

 

そして『I see the light…』の部分です。

こちらに関してはその次に闇の向こうにこの手を伸ばしてと続きます。

ただこの光と闇は一般的に思い浮かべるような闇や光ではなく、闇は深山が関わっている全く真相が見えない事件であるのだと思います。

そして光というのはその闇を暴くための手がかり的な意味を持っているのだと考えられます。

 

最後の部分の『深く伸びる軌道…もう一度笑い合おう』という事ですが、26年前の事件が起こらなければ…深山一家の軌道がバラバラにはなることはなかった事を表しているのだと感じました。

ただ深山は26年前の事件の真相を晴らして再び家族の軌道が1つに重ならせる事を願っている気持ちを表しているのかもしれません。

ともなると最終回は笑顔で終わるストーリーとなるのかなと感じました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です