無料で遊べる愛人・夏目恵美子の証言内容や桂文枝のメール内容の画像

2017年12月27日に発売される週刊新潮で再び落語界の重鎮に不倫の報道が…^^;

その名前は桂文枝さんですが、2016年には20年間交際した紫艶さんとの不倫が発覚しましたよね。

さて今回放送されたのはどうやら一般人の方のようですが、8年間の交際があったとの事で無料で遊べる愛人との報道が!!

どうやら週刊新潮にはかなり赤裸々な夏目恵美子さんの発言や桂文枝さんのメール内容の画像があるようですが果たして…

スポンサードリンク

桂文枝さんが2016年に愛人報道があった紫艶さんについて

今回の愛人報道が二度目という事でまずは前回の報道をおさらいしましょう笑

紫艶さんと桂文枝さんの関係が発覚したのは2016年の事で20年間の付き合いがあったとされていましたね。

紫艶さんは、報道当時は歌手として活動をされていましたが現在はオトナなお仕事をされている事で有名です。

ちなみに20年間となれば紫艶さんは19歳の頃から愛人になっていたという事で当時はかなり話題になりました。

それにしても桂文枝さんって2017年現在で74歳なのにすごいですよねΣ(・∀・;)

無料で遊べる愛人である夏目恵美子との出会いのきっかけは?

それでは今回報道があった『無料で遊べる愛人』である夏目恵美子さんとの出会いのきっかけについてご紹介をしていきます。

 

どうやら報道によると大阪の演芸場「天満天神繁昌亭」に恵美子さんが訪れた事が始まりだったようです。

恵美子さんはその演劇後に劇場の近くの喫茶店で休んでいたそうなのですが、そこに桂文枝さんが現れたとのことでした。

その当時について夏目恵美子さんは以下のようなコメントをされています。

 

「繁昌亭の横にある喫茶コーナーにいると、文枝さんが現れて一緒に写真を撮ってくれたんです。それをメールで送ってもらったので、お礼を言うために再び繁昌亭を訪れると、今度は文枝さんの部屋(会長室)に通されました。彼は私の手を取ってエスコートしてくれて、私はもう緊張しっぱなしでした」

なるほど…この文章を見る限りだと桂文枝さんかなり手慣れていそうですね^^;

ネットでも二度あることは三度あると言われていますし3年連続とかもありそうです笑

 

そしてその後は桂文枝さんが夏目恵美子さんの家に尋ねるようになって関係がスタートしたようです。

「文枝さんがやって来るとマッサージしてあげて、添い寝をしてキスをするんです。この頃から彼は“将来は一緒に住んで、俺の介護をしてほしい”と言うようになっていました。“最期ぐらいは恵美子がいいんだ”とも話してくれて、私も夢見心地になっていました」

このマッサージって藤吉久美子さんの報道の時もでていたような気がしてリンクが感じられますね笑

スポンサードリンク

無料で遊べる愛人の夏目恵美子さんの顔の画像は?

それでは続いて無料で遊べる愛人と報道があった夏目恵美子さんの顔の画像があるのかについてご紹介をしていきます。

どうやら夏目恵美子さんは一般人女性のようなので顔画像はありませんが、目線がある画像については見つかりましたのでご紹介させていただきます。

ちなみに夏目恵美子さんは仮の名前ですのでご注意ください。

見た感じ40から50代くらいの美人そうな女性ですね。

髪型に関してはミディアムで若々しいですし、なんか桂文枝さんのドヤ顔がむかつきます笑

 

ちなみに桂文枝さんは夏目恵美子さんにこんな事を話されていたとか。

最後くらいは恵美子がいいんだ』、『将来は一緒に住んで俺の介護をしてほしい』など都合が良い事を言っている印象を受けます。

現在桂文枝さんと夏目恵美子さんは関係を解消しているようですが、もしかすると2016年に報道があったことが原因なのかもしれませんね^^;

それにしても8年交際していたという事はW二股不倫という事で奥さんが可哀想です。

追記

2017年12月27日発売の『週刊新潮』に新たに画像がのっていたのでご紹介します。

どうやら無料で遊べる夏目恵美子さんは日舞の先生をされているようで年齢は56歳という事でした。

見た感じかなり若くみえるので、美人なのは間違いありませんね。

週刊新潮が桂文枝に突撃した動画が気になる!!

週刊新潮が桂文枝さんに突撃した動画がありましたのでご紹介させていただきます。

煽り文には『最後』とありますが…本当にこれが最後になれば良いですね^^;

ちなみにこの中には桂文枝さんと無料で遊べる愛人の夏目恵美子さんの赤裸々な会話が載っていますので是非。

それにしてもこんな電話の会話が録音してあるとは恐ろしいです。

またこれが公開されるという事は結構悲惨な別れ方をして腹いせで映されたのかもしれませんし、内容が気になります!!

無料で遊べる愛人・夏目恵美子の証言内容は?

それでは2017年12月27日に発売された夏目恵美子さんの告白された証言内容を見ていきましょう。

証言内容は2つあるのでそれぞれ分けてご紹介をしていきます。

まずは一つ目の内容です。

どうやら2人は喫茶店で出会ってから数ヶ月後の 2009年3月に、大人の関係になったそうです。

そして付き合っていく中で夏目恵美子さんはあることに悩むようになったとか…

簡単に書くと以下のような内容が…

文枝さんの独特の趣味嗜好でした。
文枝さんは、夏目さんにあそこの写真を撮らせろと・・・・
夏目さんはこれを断ったそうですが
文枝さんからは、あそこの写真が頻繁にメールで送られてきたそうです。

これは送られてきても困ってしまいますね^^;

なんか大丈夫なのかこいつ…と言いたくなってしまいます笑

 

さて続いても特殊な癖を見せつけています笑

夏目さんの自宅にわざと弟子を連れ込み
1階では、弟子にご飯を食べさせたり、稽古をさせ、2階では、2人で営みをということあったそうです。
文枝さんは

「下に若い子(弟子)がおった方が燃えてくるやろ」と言っています。

おいおい…笑

これは明らかにアウトです。

そもそも何故このような思考になるのかが不思議で堪りません。

もしかしたら弟子に見つかればそれまでの関係とかと思っていたのかもしれませんね。

桂文枝さんが送ったメールの内容が気持ち悪いと話題に

ここからは桂文枝さんが実際に夏目恵美子さんに対して送ったメールの内容をご紹介していきます。

これについてはもう呆れて口に出せません。

それにしてもこのメールが流出しないと何故思っていたのかが不思議で堪りません。

結局は今回のような形で流出しましたし笑

桂文枝さんと無料で遊べる愛人の夏目恵美子さんが別れたきっかけとは?

実は夏目恵美子さんは桂文枝さんに対して最初はゾッコンだったようですが、あることがきっかけでその関係性にヒビが入ったようです。

 

ちなみにゾッコンになっていったきっかけとしては桂文枝さんが友人に対して『50年後に僕は彼女と結婚する』といった言葉が嬉しかったとかだそうです。

っていうか…50年後って桂文枝さんが2017年現在74歳で、交際期間が8年という時点で遊びだってわかりますよね笑

もしかしたら来世とかの意味だったのかなと思いましたがその意図が読めませんね。

 

恋は盲目になるといいますし上の件は仕方ないとして、一体何故心が離れていったのでしょうか?

どうやらそのきっかけは桂文枝さんが以前の日経新聞の『私の履歴書』で語っていた文章が原因だとか…

ちなみに内容は以下の通りです。

「いざ、体調を崩すと、頼みとなるのは家族の助けだった。
なかでも、妻の真由美。(中略)
桂文枝という名前を大きくすることに尽くしてくれた」

なるほど…介護をしてほしいと言っておきながら結局は妻にいくのかと思ってしまったのかもしれませんね。

 

この事を見ていく内に次第に夏目恵美子さんはどんどんと気持ちが自分に向いていないと感じるようになっていったようです。

そしてだんだんと自分が桂文枝さんに弄ばれていることが…理解できるようになったとか。

そして涙を毎日流していたとも記述されています。

 

その後夏目さんは桂文枝さんの気持ちを確認したい気持ちになり1日に何度もメールや電話をするようになっていったそうです。

もし本当に桂文枝さんが夏目恵美子さんに対して愛情を持っていれば…と思ってのことでしょう。

 

しかしながら文枝さんの対応は夏目恵美子さんの期待を裏切ることになります。

桂文枝さんの対応は怒りしかなく、次第に冷たいものに変わっていったそうです。

 

そして最終的には警察沙汰にまで発展しました。

どうやら出会いのきっかけとなった繁昌亭にいる文枝さんに直接会いに行こうとするとお弟子さんに辞めろともめ沙汰になったそうです。

その翌日には文枝さんから電話で決定的な一言が…

「吉本興業から女性関係をきつく注意されたから、もう君の家には行かれへん!」

この事がきっかけで関係は終わったそうです。

 

これは後で流出しても仕方がないとしか言いようがありません…

そもそも不倫自体しては駄目なんですがね笑

 

また他の記事では同じくマッサージが報道で出ていた藤吉久美子さんや太川陽介さんについてもご紹介していますので是非。

藤吉久美子は不倫相手深沢義啓と枕をしてた?顔画像や疑惑の作品を紹介

太川陽介の笑顔が怖すぎる!モラハラでDVしてそうだとネットで話題に

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です