宿泊税って何?東京や大阪、京都の宿泊税はいくらで宿泊料金はどうなる?

2017年11月2日に京都府が全ての宿泊客に対して宿泊税を導入する事が決定しました。

どうやら宿泊税の導入は全国的にみて3番目だそうですが、一体宿泊税がなんなのか、また今後宿泊する際に一体いくら上がるのか気になる所です!!

今回の記事では宿泊税についてご紹介をしていきます(*^^*)

スポンサードリンク

宿泊税って何?

それではまず宿泊税とは一体何なのかについてご紹介をしていきます(*^^*)

宿泊税とは今後国際化が広がっていく中で、観光地はますます観光客に対してわかりやすい案内標識を整備したり、観光案内所を運営したり更には観光プロモーションを図っていく必要があります。

しかしながらこれらの対応をしていくためには、やっぱりお金が必要になります。

つまりこの必要なお金は観光客の方に対して使っているんだから、観光客から宿泊税という形でお金を集めようという訳ですね(*^^*)

サービスを受けるんだからお金を払ってください的な感じですし、より観光客の方にとっても便利になるので個人的には良い事なのかなと思います。

宿泊税を導入しているのはどこなの?

現在日本で宿泊税が導入されているのは東京、大阪そして京都になります。

まさに観光客が沢山訪れるような所ばかりが導入していますね。

この流れは今後全国的に広まる事は間違いないと思われ、今後観光客が多い北海道や沖縄、愛知、福岡も追って宿泊税が導入されるの可能性はありそうです、

スポンサードリンク

宿泊税って一体いくらなの?

さて宿泊税の事はなんとなくわかってきましたが、問題は一体いくら宿泊税で取られるの?っていう話ですよね!!

ちなみに下の金額は1人1泊あたりですのでご注意ください。

まずは東京を見ていきます。

宿泊税宿泊料金によって値段が違いますので箇条書きでご了解していきます

・宿泊料金が1万円未満の場合      :0円

・宿泊料金が1万以上1万5千円未満の場合:100円

・宿泊料金が1万5千円以上の場合    :200円

結構想像していたよりも安くて安心しましたね(*^^*)

それでは続いて大阪宿泊税の値段について見ていきましょう☆

・宿泊料金が1万円未満の場合       :0円

・宿泊料金が1万以上1万5千円未満の場合 :100円

・宿泊料金が1万5千円以上2万円未満の場合:200円

・宿泊料金が2万円以上の場合       :300円

大阪府では東京よりも細分化がされていて気持ち高くなる分なので問題ないでしょう♪

それでは今回導入された京都の宿泊税です!!

京都の場合は全ての宿泊客に対して宿泊税が掛かるのが特徴で、最大金額もお高めに設定してあります。

・宿泊料金が2万円未満の場合    :200円

・宿泊料金が2万以上5万円未満の場合:500円

・宿泊料金が5万円以上の場合    :1000円

京都は観光の地で有名ですし、なおさら整備等にお金がかかるのかもしれませんね!!

ただ仮に家族旅行で何泊もしたとなれば結構な出費になりそうですね^^;

まとめ

今回の記事では京都で導入された宿泊税についてご紹介をしていきました。

もしかしたら今後宿泊税を導入する県も増えていくかもしれませんね(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です