男性が彼女の両親へ結婚の挨拶に行く時の服装や髪型、手土産の注意点は?

プロポーズを終えていざ結婚への準備を進めていくにあたり、男性がぶち当たる壁が彼女のご両親への挨拶ではないでしょうか?

僕も彼女のご両親へ挨拶に行く時は心臓がバクバクで前日から落ち着きがとまりませんでした笑

というのも当日の流れも想像が付かなかったですし、わからないことって不安ですよね^^;

今回の記事では私のように不安一杯の男性に挨拶当日の服装や髪型などのエチケット面、そして手土産ついて注意点を交えつつご紹介をしていきます!!

スポンサードリンク

当日の服装や身だしなみについて

人間は第一印象がとっても大切という話を聞いたことはありますよね(*^^*)

という事は彼女のご両親への挨拶の印象次第で今後が左右されるといっても過言ではありませんが、言い方を変えるとここで頑張ってしまえばという捉え方にもなります笑

当日の服装について

それではまず当日着て行く服装についてご紹介をしていきます。

やはり両親へのご挨拶は畏まった雰囲気になりますし、男性の場合はスーツを着ていきましょう!

ちなみにご挨拶前に何度かご両親と顔を合わせた事がある場合でも砕けた服装をせずにしていった方が良いかと思います。

スーツはビジネススーツでシャツの色は白か薄い青系であれば問題ないと思います。

当日のエチケットについて

続いて当日のエチケットについてです。

髪型については、整髪料で整えるなど社会人としての常識的なヘアスタイルであれば大丈夫だと思います(*^^*)

も綺麗に剃って、眉毛が整っているか、そして鼻毛も出ていないかキチンと確認しましょう。

また靴が汚れている可能性も高いので磨いておく事もお忘れなく☆

スポンサードリンク

当日の手土産について

続いて当日に持っていく手土産についてです。

手土産とは「結婚のご挨拶をする時間をわざわざ設けてくださることへのお礼」としての意味合いで渡すものなので必ず用意して行った方が良いと思います。

またこの手土産で会話が広がったりもするので場が和みやすくなると思います(*^^*)

さてここからは手土産の相場についてですが、私の場合は3000~4000円を目安に選びました。

また選ぶ際には事前に彼女にご両親が何が好きなのかをリサーチしておき、日本酒を好まれるとの事でしたので自分の地元の日本酒を選択しました。

そうすると地元の話にも繋がりますし、是非事前リサーチをおすすめします!!

続いて手土産を渡すタイミングです。

手土産を渡すタイミングについては席に座る前か、席についてある程度落ち着いた時にお渡ししましょう(*^^*)

その時に「つまらないものですが」という言葉はNGです!!

というのもつまらないと思うものを差し上げるという風に取られてもおかしくないため、普段の決まり文句と思って使う事が内容にしてください。

僕の場合は「日本酒がお好きと伺いました。地元でも美味しいと評判なので是非召し上がってみてください」とお渡ししました。

まとめ

今回の記事では彼女のご両親への挨拶に行く際の服装などのエチケット面や手土産について注意点を交えつつご紹介をしていきました。

挨拶は誰も経験をしたことがないため予想が付かなくてとっても不安かと思いますが、誠心誠意の気持ちで挑めばそれが態度に出てきて良い方向につながっていくと思います。

また他の記事でご挨拶当日の流れについてもご紹介をしていきますので是非ご覧ください☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です